--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月20日 (木) | Edit |
実は、ここ2週間ぐらい遅ればせながら『断捨離』をしています
きっかけは普段見ない(失礼)金スマに、こんまりさんこと近藤麻理恵さんが出ていたんです。

『断捨離』という言葉は知っていたし、
自分の持ち物が多いこともわかっていたけど、
今までやる気になれず・・・

ちなみに、『断捨離』の意味とは、
 断=入ってくる要らない物を断つ
 捨=家にずっとある要らない物を捨てる
 離=物への執着から離れる
です。

『断』は、ここ何年も物欲がないのでクリア
問題は、『捨』と『離』ですよね。

正直こんまりさんの言う「ときめき」は、本も読んでいないしでよくわかりません。
でも、テレビで言ってたことを覚えている限り実践していま・・・しようと努力してます!!

まず順番は、衣類→本類→書類→小物類→思い出品。
そして、実行する前にその物を一箇所に全て集める。

毎日毎日ちょこちょことしかできてないけど、
かばんも靴も3分の2は処分した
ムカデか!?

まだ全ては終わってないので、今週中には終わらせます。
しかも、やり直したいところがいくつかあります

ちなみに、
一番簡単だったのは、キッチンでした
賞味期限があるからね。
あとは、新しい鍋を買ったときに処分しようとしてしてなかった古い焦げまくりの鍋とか・・・。
いつか使うだろうと取っておいてあった、ビンとか。

一番難しかったのは、衣類
なかなか思い切れなかった部分はあるかなー。
コートはこれからです。

でも、お気に入りは生地として活用しようと思って残してあります。
「限度はこの箱いっぱい」って制限を付けてね。


そして、実は断捨離を始めて運気が上がったからかどうかは謎だけど、
良い事がありました

4ヶ月近く探していた引越し先が決まりました
今度は、同棲なので余計に処分せねば

【こんまりさん断捨離法】

1.捨てる作業は、場所別ではなく、物別に。
  始めに家中の物を、一か所に集めて、まとめて捨てる。
  場所別でやっているとなかなか捨てられないものでも、先に一箇所にまとめるとその量、多さなどが把握しやすい。

2.ときめく物だけ選んでいく。
  使える、着れるという視点で選ばない。
  使いたい!着たい!と思うものを残す。
  こうやって残したものは、本当に大切にできるということ。

3.正しく畳んで、立てて収納。
  残した洋服は、独特の畳み方で、立てられるように収納。
  収納力もアップし、見やすくて取り出しやすい。

4.順番に片付けていく。
  衣類→本類→書類→小物類→思い出品の順で片付ける。
  
5.残した物の定位置を決めて、使いやすくする。
  使ったら、決めた場所に戻す。
  何箇所も置き場所を作らないことで、散らかりにくくリバウンドしにくい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。